個人事業主としてスタートし、今まで誰も思いつかなかったアイデアのビジネスを大きくさせてから法人化をして、一流の経営者として活躍している人は多くいます。
個人事業主になることで、誰でも気軽に思いついたアイデアを形にしてビジネスを始めることができます。

ビジネスが順調に進んでから法人化にすることのメリットとして、従業員の退職金が適正な一定の金額になるまでは、会社の損金という形にしておくことができます。
また、経営者だけではなく、その家族みんなで社会保険に入ることができます。
やはり、万が一の時に備えて家族みんなが適切な保険に入っておくことは大切なことです。他に、決算日をそれぞれの会社の都合に合わせて好きな日に設定することができるメリットがあります。

法人にする時のリスクとしては、もしビジネスが上手くいかず赤字になってしまった場合でも、法人住民税の均等割負担が生まれてしまうことがあります。
また、株式会社にした場合、一定期間になると役員の改選手続きをしなくてはならないという手間が生じます。

他に、経費にすることができる交際費に上限がある法人と違い、個人事業主の場合ではいくらでも計上できるメリットがあります。
そのため、取引先とビジネスの打ち合わせなどの時に使う飲食費を気にせずに、どんどん営業活動できます。
やはり、会社を大きくするためには、営業を多くしてビジネスをいっしょにできる人脈を作ることは非常に大事なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です