個人事業主とは、個人で便利で素敵なアイテムを売ったり、生活に必要なサービスを代行したりなど様々なビジネスを行う人のことを指します。
ビジネスで上げた売上に対しては、所得税を払わなければなりません。
所得税は、所得の額に比例して割合が高くなる累進課税制度になっているため、ビジネスが上手くいって多くの利益を得るほど、高い所得税がかかります。

一方、法人でビジネスを行う場合はというと、税率がほぼ一律で変化しないため、事業が成功して売上が高くなって税金が多くなってしまうデメリットがありません。
そのため、将来従業員数を増やして事業規模をどんどん拡大させていくプランがあるならば、税金のコストを抑えるために初めから法人化にした方がベストです。

もし、事業が上手くいくかまだ分からない不安な状態でスタートするのならば、一定以上の所得以上になってから、税負担が軽くなる法人にするといいです。
また、法人化すると、取引先の業者や金融機関に対しての印象がよくなり事業がスムーズにできるメリットがあります。

他に、自分の給与に対して給与所得控除を利用することで節税ができるメリットがあります。法人のデメリットとしては、年に一回きちんと決算をしなくてはならないなど、会社をしっかり維持するためにコストがかかってしまうことがあります。
また、複式簿記が必要なので、事務作業をきちんとできる人を雇わなくてはならないなど事務の負担が増えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です